パソコンを買うメリット・デメリットは?

パソコンを買うメリットとは

パソコンを買うメリットとしては、多彩なアプリケーションソフトを使って色々な作業ができたり編集もできるというところでしょう。マルチタスクといって1度に多くの作業を並行して行うことが出来ます。キーボード入力もスムーズでプレート状のタブレットを使ってデジタルペンで大きな絵を描いたり、3次元のCGやアニメーション、ゲームも制作することが出来ます。モニター画面も大きなサイズのものが選べる為に文字や画像も見やすく、動画などもテレビのような大きな画面で映画館で映画を見るような迫力でもって見られます。
1台のパソコンでモニターを2台つなぐ場合はマルチディスプレイと呼ばれますが、作業を効率良く行うことが出来ます。価格が高いという印象を持ちますが中古品であれば手ごろな値段で購入することも出来ます。

パソコンを買うデメリットとは

一般的には新品は価格が高く、スキャナーやプリンター、外付けハードディスク、ブルーレイドライブなどの外部機器を購入する必要も出て来ますし、パソコンのメモリーを増設したり、価格が高いソフト等を必要な種類のものを購入する必要があるので費用が多くかかります。
OSのバージョンアップが行われると年数が経過することで資産とも呼ばれるアプリケーションのソフトをインストールして使えないこともあって、これはどのプラットフォームでもインストールして使えるようにしてもらいたいという要望も出ます。メールなどもスマホやタブレットであれば外出先でもこれを送受信することができますが、パソコンの場合は屋内での送受信となるので即効性がないともいえます。